32歳独身男性管理職の愛人への想い

仕事ではそれなりに立場が確立され満足しているのですが、仕事ばかりの生活で女性との接点とは無関係な毎日となってしまいました。
家に帰ればポツンと一人になる休日に少し疲れ私は出会いを求めるようになります。
ただリアルな生活において、愛人を探したり愛人募集ですよと話しても無理がありますので、ここは勇気をだしてインターネット上で愛人募集をしようと考えたのです。
もちろん色々なサイトがありますから、その点は丁寧に検索し私はハッピーメールで愛人募集をしようと決めました。
ドキドキする緊張感の中、愛人というキーワードで接点が出てくる相手をずっと待っていたのですがある日突然、愛人希望の女性と連絡を取る事に成功したのです。
あまりにも早い展開で最初はかなり戸惑いましたが、お互い連絡し合いお互いへの興味が最高潮に達した頃、待ち合わせをして合う約束をしました。
当然ですがお互いの目的というのは同じで、愛人を求める事、愛人になる事ですから行き先もすぐ決まりました。
到着したホテルで、まずはゆっくりお茶でも飲み今後の愛人契約について話をしました。
相手の女性は専業主婦で一児の母なのですが、とても母親と思えないような美しい女性です。
契約もろくに成立していないのですが、お互い我慢ができず結局電気が消え二人共ベットへと入り込んだのでした。
長い時間、二人で楽しんだ後ようやく今後の契約について話したのですが、内容は頻度や費用についてで最低でも月に3回会い費用は金額によりますが、ほぼこちらが出すという事で決まりました。
彼女はお金ではなく、男性が欲しいという事なのでこれで愛人契約は無事成立したのです。
長い間、憧れていた愛人という女性をようやく見つける事ができました。自分の周囲で見つけようと思っても無理でしたし、悩まずすぐハッピーメールを活用すれば良かったと思っています。今でも私にはカワイイ愛人がいます。
そのお陰で仕事も今まで以上に頑張れるようになりましたし休日も楽しく過ごせるようになりました。